建前と猫かぶりの大きな違い

猫かぶりが得意な女性、職場にいませんか。
女同士だとあからさまにわかる、本性とは違う態度が鼻についたりイライラしたりして、なんだか振り回されてしまいますよね。もちろん、本音を全て表に出すことが正しいわけではありません。大人なら、本音と建前という処世術のひとつやふたつは使いこなせるものです。人間関係を円滑に運ぶためにも、建前で話すことはマナーの一種とも言えるのかもしれません。
では、どうして猫をかぶった女性にイライラしてしまうのでしょうか。それは、方向性の違いでしょう。一般的に人が建前で話すのは、本音を隠して当たり障りのないように物事を進めるためだと思います。残業を頼まれたときに「今日は約束があるからやりたくない」という本音を披露したところで誰も得をしません。結局はやらなければならない仕事なら、本音はどうあれ気持ちよく受け取った方が良いでしょう。それは、誰もが自然に行っていることだと思います。
しかし猫かぶりの場合は、本音を隠すというよりも偽った自分を見せるということが重要視されています。自分を良く見せることで可愛がってもらったり、嫌なことを免除してもらったり、つまり自分が得するための行為なのです。人間関係を円滑に進めるための建前とはだいぶ違いますよね。そういった行動のきっかけとなる方向性の違いから、見ていてイライラしてしまうのです。本性を知っていれば、なおさらイライラしてしまうでしょう。けれどそういった人を欺くような態度は、いつか見抜かれてしまいます。見抜かれたときにこそ、猫かぶり女性の本性が見れることでしょう。見抜くためには((猫かぶりのすゝめ))で猫かぶりについて勉強しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です